実務者研修を通して介護の理解を深める

介護福祉士実務者研修は、450時間の学習を通して、介護の内容についてより専門的で深い内容を学習していきます。このため、知識がよくつくようになります。介護のサービス自体だけではなく、介護を通して社会との関わりについても学んでいきます。

実務者研修を取得してキャリアアップ

介護福祉実務者研修を取得することで、今後のキャリアアップに役立てることができます。資格取得者は多くの介護事業所で不足しており、近くを取得することによって就職や転職に大幅に有利になります。現在の職場よりもより条件の良いところが良いと考えている方や、現在の職場で給料アップの交渉をしたい方にもオススメです。

実務者研修を取得するメリット5つ!

介護

介護職員初任者研修からキャリアアップ

介護の仕事についてはじめての人が、介護職員初任者研修をすることが多いです。しかし、これだけではできない仕事もまだまだあります。そのため、キャリアアップのために実務者研修を取得するという方が増えています。実務者研修を取得することで、さらなる知識を身に付けることができ、介護の現場で活躍できるようになります。

就職や転職に有利になります!

介護職員初任者研修だけ取得した段階の就職では、もらえる資格手当にも限界があります。しかし、実務者研修を経験することで、よりレベルアップした知識と技術の持ち主だということが認められ、就職や転職の際に有利になります。また、給料もアップしやすいというメリットも。

サービス提供責任者になることができます

訪問介護サービスを展開する事業では、サービス提供責任者を配置することが義務になっています。このサービス提供責任者のポストに就くことができるのは、介護福祉士実務者研修を取得した人のみに限られています。このため、実務者研修を取得することでサービス提供責任者となり、介護事業所等において役に立つことができるようになるのです。

介護福祉士の受験資格を得ることができます

介護の仕事についている方では、介護福祉士試験を目指している方が多いですね。しかし、介護福祉士の試験を受験するためには、実務者研修が必要なのです。これは、昔の介護福祉士試験と違って実技試験がなく、実務者研修が必須となったという経緯があります。そのため、介護福祉士を目指すならば実務者研修は必須といえます。

医療的ケアを学習できるので、技術がアップ

介護福祉士実務者研修の学習によって、たん吸引や経管栄養など、これまで医師や看護師等の免許を持った専門職にしか認められていなかった仕事ができるようになりました。このため、実務者研修を修了することで、現場において医師や看護師と連携しながら、より良い福祉サービスのために仕事を進めていくことができるようになります。

介護福祉士実務者研修は何のために取得するのでしょうか?

介護

介護福祉士への第一歩として、介護福祉士実務者研修の資格取得がお勧めです

介護職の中で、国家資格である介護福祉士を目指している方が多くいます。しかし、高度な技能や知識が必要とされるため、どこから目指していいのかわからず勉強方法で迷っている方もいらっしゃることでしょう。介護福祉士を目指すためには、まず受験に必須となっている実務者研修を取得することがお勧めです。スクールで先生に教わりながら学習することで、仲間と競い合いながら学習していくことができます。